正しい洗顔方法を身につけましょう!

ステップ1 「すすぎ」

まず、洗顔の前には手を洗いましょう。そして、ぬるま湯で顔を2~3回素洗いし、毛穴を開かせて汚れを落としやすくします。

ステップ2 「泡立て」

・ご愛用の泡立てネット(紗沙専用ネットがおすすめ)をぬるま湯で湿らせます。・石鹸に数回こすり合わせます。

※石鹸の持ちに関係しますので、必要な泡が立つ加減を何度か繰り返す中で調整してみてください。

 

「紗沙」には、泡立ちをよくするための成分を配合していないために、泡立ちがよいとされる石鹸に比べると控えめですが、水と石鹸とこすり合わせのバランスで洗顔に十分な泡を立てることは可能です。きめ細やかな柔らかい泡がデリケートなお肌をやさしく包み込んで洗い上げてくれますので、いろいろお試しください。

ステップ3 「洗い」

お肌の中心から外側に向けて円を描くようにやさしく洗ってください。泡でマッサージするようなイメージで洗うのがポイントです。

 

また、時間があるときは泡をパックのようにしばらく肌の上に乗せたままにしておけば、汚れや皮脂がこすらなくても浮いてきますので効果的です。

ステップ4 「洗い流し」

ぬるま湯で肌をこすらないように洗い流してください。流水で洗うことをおすすめします。

あとは、柔らかい清潔なタオルで肌を押さえるように水分を吸い取ります。この時もなるべくこすらないようにやさしく拭き上げるようにしましょう。

ステップ5 「保湿」

洗顔後は必ず保湿するようにしましょう。ご自身の肌に合った化粧水やゲルクリームにサクラン原液を一滴、混ぜ合わせるとより効果的にお肌に潤いとバリアを作ってくれます。

※石けんの溶け崩れについて

石けんは、使っているうちに表面にトロリとした透明のものが出たりしますが、これはコールドプロセス製法特有な天然のグリセリン(保湿成分)です。肌にはとても良いものですので、そのままお使いください。

※保存方法について

お風呂場にそのまま置かれますと、溶け崩れが早くなり石けんの持ちが悪くなります。石けんの使用後は泡立てネットと石けんケースも一緒に水で洗い流し、よく水気を切って湿度の低い場所で保管してください。

※特に肌トラブルがある方が使われる場合は、石けんの保管にはご注意されますようお願いいたします。